» 会社案内 » 沿革
沿革

沿革

平成6年に資本金を1億円に増資。
無借金経営で、健全な財務内容が自慢です。

企業として社会的な責任を自覚しながら、地域に愛される企業であり続けるために、着実に歩みを進めています。

お問い合わせはこちら
昭和
27年
2月
農薬販売会社山陽薬品株式会社を設立、大森 主、取締役社長に就任、岡山市野田屋町において営業を開始。
昭和
30年
1月
井原営業所を開設。
昭和
36年
6月
農用保温資材部門を分離して山陽化成株式会社を設立。
昭和
38年
3月
津山営業所を開設。
昭和
40年
11月
全国農薬協同組合が創立され、大森 主社長 理事長に選任される。
昭和
41年
3月
本社を岡山市延友454番地に新築移転。
昭和
44年
1月
農薬を製造するため、本社隣接地に岡山工場を建設し操業を開始。
昭和
44年
10月
請負防除を目的としてグリーンサービス部門を設置。
昭和
57年
3月
建築物ねずみ、不快害虫、しろあり等の防除部門を設置。
昭和
63年
10月
我が国初の農薬メーカーと卸売業者を結ぶグリーンネット株式会社の農薬VANに参入。
平成
元年
3月
将来の航空防除技術研究のため、スカイテック事業部門を設置し、産業用無人ヘリコプタによる実証展示を開始。
平成
2年
3月
岡山県・笠岡市など主催の「おかやま食と緑の博覧会」に産業用無人ヘリコプタ「ヤマハR-50」を出展。
期間中デモフライトを実施 。
平成
2年
9月
工場生産ラインの製品積み上げ作業の自動化と場内運搬の合理化を 図るためロボットパレタイザーを導入。
平成
3年
4月
産業用無人ヘリコプタ実用段階に入り請負防除開始。
平成
6年
2月
取締役会長に 武市 敏男、取締役社長に 大森 茂就任。私募物上担保附普通社債2億円発行
平成
6年
8月
資本金1億円に増資。
平成
6年
10月
本社敷地内に新本社建設。
平成
7年
8月
取締役会長 武市 敏男 全国農薬協同組合理事長に就任。
平成
9年
1月
株式会社ホンダ(島根県)と合併。
平成
10年
11月
取締役社長 大森 茂 全国農薬協同組合理事に選任される。
平成
11年
9月
液剤・水和剤製造ライン及び工場事務所・試験室を増設。
平成
11年
10月
新コンピューターシステムを導入し、全社オンライン化。
平成
13年
10月
危険物製造所竣工。
平成
15年
9月
粒剤の製剤・包装ラインおよび水和剤製剤ラインの設置。
平成
15年
10月
水溶性袋の小分け包装ラインの設置
平成
15年
10月
兵庫県加西市に兵庫支店、淡路島に淡路営業所を開設
平成
18年
1月
淡路営業所新築移転。
平成
19年
4月
新規顧客、新規商材の開拓および拡販を目的とし新規事業育成推進室を設置。
平成
21年
7月
第2工場粉剤Aセット製剤設備合理化更新工事を実施。
平成
22年
2月
本社敷地内に肥料倉庫を新築。
平成
22年
12月
株式会社ナカトラより営業権の譲渡を受け、山口県萩市に萩出張所を開設。株式会社ナカトラより営業権の譲渡を受け、山口県萩市に萩出張所を開設。

平成
24年
8月
岡山工場のトイレ新築、食堂・更衣室の増改築を実施。
平成
24年
11月
中国スカイテック株式会社(完全子会社)を設立。益田営業所新築移転。
平成
25年
11月
販売管理システムリプレースを実施。
平成
27年
2月
代表取締役会長に 大森 茂、代表取締役社長に 武市 康則 就任。
平成
28年
4月
広島県三原市久井に倉庫ならびに無人ヘリ整備工場を建設。
平成
28年
9月
第一工場粒剤小分け設備更新及び製剤設備増設を実施。

食と環境の専門家として、
これからの時代にも 求められる企業であり続けます

  • 農薬や防疫薬剤などを製造
  • ユーザーへの情報提供と技術指導
  • 緑化管理、無人ヘリによる航空防除、衛生害虫防除

お気軽にご相談・ご質問ください。

山陽薬品株式会社

TEL : 086-293-1651
FAX : 086-292-0359

営業時間 8:30~17:30(土・日・祝祭日除く)

PAGE TOP